リフレクタの掃除


Shadow JM35 CoolWhite CREE XHP50 (1x26650)「A」

リフレクタのメンテナンスについて、

リフレクタは表面鏡といって、反射面が直に露出しています、
一般的な鏡というものはガラスの後ろに反射面を蒸着させているので鏡の表面を拭いてもガラスを拭いているのと同じなので傷はつきにくいのですが、

リフレクタのような表面鏡の場合、拭いてしまうと柔らかいメッキ部分を直接拭いてしまうのですぐに傷だらけになります。

リフレクタの汚れは多少であれば懐中電灯として使う分には反射率にはほとんど影響ありませんのであまり気にせず、
せいぜいブロアでホコリを飛ばす程度にしましょう、

中華ライトの場合リフレクタが汚れているものがままあるので拭いてしまいたい気持ちもよくわかりますが(^_^;)


それと、リフレクタつながりですが、
今回JM35のリフレクタを単体で注文できないかとお問い合わせを受けたのでメーカーに問い合わせ中です。
EagleTac位になればパーツ単体で普通に取り寄せることが出来ますが、
Shadowはどうかな?

このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤