レストアG-SHOCK DW-6900X-2T X-treme 二重クロスバンド

1996年11月発売モデル、メーカーサイトはこちら

DW-6900ですが、定番の三つ目ではありません、

私はこっちが好きです(^_^)

二重クロスバンドはあまり好きではないんですが(^_^;)




年式を考えるとかなり程度が良いです、




最も汚れはそこそこありますが、




サキカンを外すと見えないところに汚れが隠れています、

このまま裏ブタを開けると汚れが内部に入るかもしれないのでとりあえずこの状態でざっと水洗いします。




洗い終わって裏ぶたを開けてみると、裏ブタの裏側は綺麗でした。




ケース側も特に問題は無さそう。



ケースも丸洗いしたいところですが、

ガラスに文字がプリントされ知恵るのでこれを超音波洗浄機かけると文字が消えてしまうので
、ケースは消毒用アルコールを使って磨きます。




ボタンの動きがねとっとしていたのでボタンを外して掃除します。




ボタンやベゼル、ネジなどは超音波洗浄機で洗浄。




ベゼルに負担が掛からないように、ボタンを付ける前にベゼルを先にとりつけてしまいます。

あ、
ベゼルの文字が消えてますね(^_^;)
洗ったら落ちてしまいました。




あとはいつもの通り
  • ボタン用のパッキンをシリコンオイルでグリスアップ、
  • ボタンを組み立て
  • ボタンを取り付け、
  • モジュールを取り付け
  • 電池交換
  • リセット
  • 裏ブタのパックンをシリコンオイルでグリスアップ
  • 裏ブタを取り付け
で、組み立て完了。

ELバックライトも無事点灯しました(^_^)




ベルトは酸素系漂白剤で漂泊して選択中なので手持ちの引き通しベルトを付けています。

このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤