ポット式FFストーブの燃えが悪くなったので修理、

FF式のストーブが火力が強くならなくなってきたので冬本番が始まる前に修理です、

FF式のストーブでもポット型の構造はいたってシンプル、




前面カバーを外すとポット式の由来の通り燃焼室の底はポット形状になっていて、



ポットの底に灯油を送る送油管が点検や掃除がしやすいように必ず手前にあります、




銅管がナットで締まっているので




ナットを外して銅管を少し避け、

ドライバーのようなものを差し込みます、




ポットの中の灯油の出口がすすやタールなどで詰まって火力が強くならないので、ここの穴を開通させると火力は元通りになります。


穴が開通したら、すべて元通りに戻して完了です。

このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤