2015年11月8日日曜日

G-SHOCK DW-004のジャンクにDW-003を移植

DW-004のウレタンバンドのモデルを入手しました、
DW-004でウレタンバンドは初めてかな?

海外向けのモデルで日本のG-SHOCKのサイトでは見つかりませんでしたが、
こんなページを見つけました。

パーツのメーカー在庫状況が分かって便利です、

ベゼルにプロテクターの跡があるなぁと思ってたらやっぱりプロテクター付きモデルだったようです。


ところで、前のユーザーの組み立てミスでベゼルがきちんとはまっていません、



ネジの頭も潰れているところがあります、

更にベゼルを止めるネジが一個ぜんぜん違うものが刺さっていました、



裏ブタを開けても全体的に綺麗なので嫌な感じがします(^_^;)



嫌な感じが当たったかも知れません、
裏ブタの裏側が濡れています_| ̄|○



パッキンをよく見ると咬んだ跡があります、



ゴムシートをよけるとモジュールも濡れています(´・ω・`)



モジュールも分解しますが中も濡れています、



基板も濡れているし、



液晶の裏も濡れています。



液晶を外したら「愛」ってもしかして自作?




内部をアルコールで洗浄して乾かして組みててましたが・・・

ダメでした_| ̄|○




まぁ、

以前DW-003のケースにDW-004のベゼルが付くことを知ってからDW-004のジャンクの入手を待っていたところなので良いタイミングといえば良いタイミング(^_^;)

ベゼル他を洗浄してDW-003のケースにボタンを移植します、


頭の潰れたネジもジャンク品から移植、

で、途中をすっ飛ばしましたが(^_^;)
電池交換して組み立て完了。

2台のジャンクから1台のG-SHOCKがレストアされました。


それにしても電池交換の失敗でジャンクになるのはつくづく残念ですねぇ。