GW-002J、電波受信部を外してモジュールを取り出し

電波時計は電波受信部とモジュールを外す際に壊しても嫌なので今まで避けていましたが、
ガラスの裏面がかなり曇ってて気になるので今回思い切って外してみることにしました、



電波受信部とモジュールはフィルム基板をマイナスネジ一本で固定していました、
ネジを外すとあっさり外れました。



モジュール側に突起があって、フィルムのくぼみを合わせてネジを締めれば位置ずれもなくあっさり固定できました。



ガラスの裏側にもう一枚クリアパネルがあって太陽電池を固定しているので余計に曇りやすいようです、
全部きれいに拭いて再度組み立てて完了です。


一番上の拭く前の写真と比べてみてください、
コントラストが上がってぐっと締まりました(^_^)

このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤