トップバリュが我家の定番洗剤と柔軟剤、匂い落としに最適。


我家の定番となった洗濯用洗剤と柔軟仕上げ材です、

どちらもトップバリュ製で安いのが特徴ですが、
洗剤の方はというと、もっと安いもタイプも有るのですがあえてちょっと高いこれが一番です、

我が家の洗剤選びで一番重要なのは匂い落ちです、
私の鼻が敏感なので汗の匂いが残っていると臭くてテンション落ちまくりになります

それに比べると汚れ落ちは二の次ですので、もしかするともっと汚れ落ちが良い洗剤があるかもしれませんが(^_^;)

いままで色々使ってきました、
粉石けんも素材の違いでせっけんの資質が違うため色々試した結果、
米ぬかを主成分とする粉石けんが良いところまでは分かったのですが、

粉石けんって高いんですよね(´・ω・`)

で、その後も色々使ってきた結果たどり着いたのがこれ、

洗剤の方は結局泡立ちが良いと匂い落ちが良いことが分かりました、

例えば、洗った後の生乾きの時の匂いとか、乾いた跡に再度濡れた時に出る匂いってのは、汗の匂いではなく、
生地に残った汚れを餌とする細菌が発するものなんですよね。

この辺は洗剤メーカー各社が言っているので間違いはないでしょう、
が!
なぜか洗剤メーカーはその汚れをきちんと落とすのではなく、
殺菌して増殖を抑えようとしているんですよねぇ・・・

なんで?

きちんと汚れを落とせば菌の餌がなくなって菌の増殖も抑えられるのに・・・

というわけで、
抗菌系の高価な洗剤は使いません、

菌の餌となる汚れをしっかり落とす方向で洗濯してます、

具体的に言うと、

  • お湯で洗う
  • 洗濯時間を1.5倍に延ばす
  • すすぎは2回のためすすぎ

これにプラスよく泡立つ洗剤選びということになります。

お湯は風呂の残り湯でOKです、
それだけで水で洗うより生乾きの時の匂いが無くなります、
残り湯は汚れているはずなのに不思議ですよねぇ、洗剤が活躍してうrのかな?

次に洗濯時間を1.5倍、
洗濯には自動で洗濯時間を決めてくれますが、それを手動で1.5倍に延ばしてやります、
我が家の洗濯機の場合、通常の洗濯行程は10分ですが、それを手動で15分に延ばしています。

洗濯物から洗剤を剥がすのに一番良いのは溜めすすぎですが、
細菌の洗濯機は2回のすすぎのうち1っ回目はシャワーすすぎ等と言ってちょろっとしか水を使いません、
節水もいいのですが、それでは生地に汚れが残ったままです、
我が家では一回目のすすぎの時も風呂の残り湯を使いますが、
それでも水道水だけですすぐ時より生乾き臭がしません。

仕上げの柔軟剤は匂いで選びました、
逆性石けん系のいかにも清潔そうな香りが好きです(^_^;)

このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤