CASIO G-SHOC K DW-5600E ベゼルが崩壊すると思ったら大丈夫だった

DW-5600Eのベゼルが一個余っているので、
ベゼルが崩壊しそうなDW-5600Eをヤフオクで入手しました。


結構汚れています、


遊環が無いので自作遊環を取り付け予定、


裏蓋を開けると汚れはそこそこですが、裏蓋の裏側の錆はほとんどありません、これはラッキー。


ケースもベゼルの裏もそこそこ汚れています、


外装パーツを洗浄している間に電池交換、


ベルトは少し長めに浸け置きしてます。


超音波洗浄機にかけると崩壊するだろうと思っていたベゼルですが、
崩壊せずに綺麗になってしまいました(^_^;)


裏側も新品みたいです。


ケースも予想外に綺麗になっちゃいました。


手持ちのベゼルを取り付ける予定でしたが、これならわざわざ交換すること穴井ですね、

とは言えベゼルが切れても嫌なので、
ボタンを取り付ける前にケースにベゼルを取付ます、


その後ボタンを取り付けて、モジュールを入れて、裏蓋を閉めます、
もちろんパッキンにはシリコンオイルを塗布、


ベルトを取り付けて完了です。


遊環がなかったので自作遊環を取り付け。


今回のモデルはマレーシア製ですのでかなり以前のモデルですね、
左のDW-5600Eはタイ製なので、マレーシア製より新しいモデルです。


並べてみるとタイ製の方は液晶の反射パネルが金色っぽくで、マレーシア製は青っぽい。




このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤