ケイデンスを稼いでバッテリーの劣化を補う、

電動アシスト自転車ですが、古くてバッテリーが劣化していてあまり長く持たないので乗り方を変えて試してみたいと思います、

昨日は「強」モードで3段変速はTopギアで走っていると20~30分でバッテリー切れになったので
本日はとりあえずアシストを弱モードにします、

説明書では平坦路を強&Topで39km、弱で59kmとなっているので1.4倍持つ計算です、




更にギアをセカンドにしてケイデンスを稼いでペダルに力を入れなくても良いようににしてみます、
これで必要なアシスト量は減るのでバッテリーは更に持つはずです、



以上の状態で1時間弱走ってきてバッテリーの残量をチェックするとまだ一メモリしか減っていませんでした、これはいいですね、

もしかするとアシストは強のままでもギアをセカンドにして使うとバッテリーの持ちも良さそうなので次回はアシスト「強」&ギア「セカンド」で試してみることにします。

おまけ、

ダイソーでサドルカバーをかいました、
クッション入でお尻に更に優しくなりました。


このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤