G-8900にNATOベルト

CASIO G-SHOCK G-8900
最近はこればかり着けているので、アセモ対策にNATOベルトを使えるようにサキカンを取り付けました。


そんなに汗をかかない休日には本革のNATOベルトを着けます。


使ったサキカンはDW-5600/6900の引き通しベルトモデルに使われているものです。


裏側のストッパーもきちんと働いています、


これによりサキカンがきちんと本体に固定されるので、


時計を落下させたりした時にきちんと衝撃吸収効果を発揮してくれます、
G-SHOCKをG-SHOCKとしてNATOベルトを使うためにはこれとても重要です。




このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤