グロー式の蛍光灯は切れやすい。LEDランプに交換しました。

2015年12月に器具ごと新しくしたキッチンの蛍光灯が切れました、
2年持たなかったのですが、こんなに寿命の短い蛍光灯は初めてです・・・
と書こうとして思い出したのですが、
昔ながらの点灯管方式の蛍光灯の寿命はこんなもんだったよなぁと。

かなり昔から我が家の蛍光灯はインバーター方式に全交換してその後も新規取り付け時にも必ずインバーター方式を選んでいたのですが、

前回はお金がなかったので昔ながらの点灯管方式の器具をつけたんですよね(^_^;)

寿命による蛍光管の交換の回数を考えるとインバーター器具との差額がなくなっていたかも。

というわけで、
今回はインバーター式のクグへの交換・・・
ではなく、

器具はそのままランプだけLED方式に交換しました。
価格は送料込み2,000円。


幸いなことに、点灯管方式の蛍光灯は工事無しでLEDランプを取り付けることができるんですよね。


LEDランプの消費電力は6.6Wですが、安定器を外していないので総消費電力は7W位になるそうです。
だいたい1/3くらいですね、
明るさも蛍光管の時と変わらない感じです、


光色は昼白色を選んだんですが、蛍光灯の昼白色より電球色寄りの色でした。

このブログの人気の投稿

CASIO G-SHOCK AW-590 現行のスタンダードなアナデジ、

電池交換&分解洗浄 CASIO G-SHOCK AW-591

安くて匂い落ちの良いミツエイの洗濯用洗剤